ILM『マンダロリアン』(2020)に見るヴァーチャルプロダクションという新しいスタジオ撮影の基準 HDR LEDスクリーンプロセス+UNREALヴァーチャルセットの組み合わせ。これがスタジオセットのスタンダードになるかもしれない

古くはスクリーンプロセスと呼ばれたリアプロジェクション、フロントプロジェクションを用いた生合成の手法が、ブルーやグリーンを用いたクロマキー合成やデプスカメラを用いたリアルタイム合成に進化してきた。しかしここにきて全く新しいスタジオ撮影の考え方が起こっている。

考え方の基本はスクリーンプロセスのリアプロジェクションに近い。違いはスクリーンがHDR対応の高精細なLEDパネルを用いていること。カメラの動きをリアルタイムに捉え、そのカメラワークに合わせた背景をUNREALゲームエンジンを用いて描画していること。こちらはTV局で使われているヴァーチャルセットの考え方に近いかもしれない。

私の知る限り、このやり方の原型は『ゼログラビティ』や『ファーストマン』、『ジャングルブック』で用いられているし、ドラマシリーズ『パンナム』などでも用いられている。

The Virtual Production of The Mandalorian, Season One

Why ‘The Mandalorian’ Uses Virtual Sets Over Green Screen | Movies Insider

やはりUNREALエンジンを用いたヴァーチャルセット(スタジオ)の例
Reality Virtual Studio 2020 Showreel

Unreal Build: Virtual Production 2020 Full Length Sizzle | Unreal Engine