『ジェミニマンJemini man』(2019) アン・リー監督が仕掛けるHFRハイフレームレート3D120fps劇場公開。日本ではわずか3館

『ライフ・オブ・パイ』のアン・リー監督、ウィル・スミス主演の新作『ジェミニマン』

アン・リー監督は新しい技術としてHFR= High Framerate=120fpsでの撮影をしている。これは前作『ビリー・リンの永遠の一日(Billy Lynn’s Long Halftime Walk)』(2016)から挑戦している。

作品は一定の評価を得たものの、120fps上映に対応できる劇場は北米では2館だけだった。

実はVFXのレジェンド、ダグラス・トランブルとのジョイントなのだ。

3D120pfsでの上映は世界初となる。だが、肝心の上映可能な映画館がまだ整備されていないのが実情。北米ではなんとわずか14館にとどまっているという。

日本でも60館ほどの映画館でHFRでの上映をおこなっているが、ほとんどの劇場60fpsだ。

3D120fpsで上映しているのは
埼玉 MOVIXさいたま、大阪 梅田ブルク7、福岡 T・ジョイ博多
の3館にとどまる。
この機会に3D120fpsの新体験をしておくのも良いと思う。

ハイフレームレートを推進しているのは、ジェームス・キャメロン、ピーター・ジャクソンらもそうだ。
キャメロンは次回作『アバター2』でHFRの3D上映を予定している。ピーター・ジャクソンはすでに『ホビット』3部作で3D48fps上映している。